ネズミ駆除が個人で困難な場合 - 確実にネズミ駆除を実現するために

ネズミ駆除が個人で困難な場合

subpage1

ネズミ駆除ですぐに思い当たるのが市販されている駆除用の罠を仕掛けることですが、仕掛けた当初ほど罠の効果は長続きしません。



ネズミは非常に警戒心の強い生物で滅多に人前に姿を現すことはありません。

屋外と家屋を行き来することがほとんどですが、中にはその家屋になれて警戒心がなくなり、平気で人前に姿を現す場合もあります。



このような場合の駆除は非常に困難になり、ネズミ駆除用の罠にかかることもめったにありません。



ネズミの姿をよく見かける場合や、見えないところでネズミが多数で活動している気配を感じた場合、個人での駆除がほとんど困難なこともあります。一般的に市販品でネズミの駆除を行おうとした場合、粘着シートや毒入り餌、捕獲用のかごといったものを使用します。
毒入り餌以外基本的にネズミは生きたまま捕獲されることになり、捕獲後のネズミの処理が必要になります。

ネズミ駆除が個人でできない理由のひとつに、捕獲した後のネズミの処理があります。


ネズミが苦手な人には捕獲後の処理が困難となりますので、プロの駆除業者に依頼する必要があります。
業者に依頼すると秘比較的短期間でネズミやそのほかの害獣や害虫などを駆除してもらえますが、一定の料金は必要になります。ネズミ駆除は確実ではないためにいくらプロに頼んでも完全でない場合もあります。
費用をかけたくない場合にはネズミの侵入する穴をふさぐなどして、浸入防止対策など別の方法を考える必要があります。